住む家も職も失った40半ばのおっさんの日本一周旅・・・終幕しました♪


温泉宿予約

旅立つまで残りあと1ヶ月ちょっとの予定となり、
ほぼ、どの時期にどのルートを通っていくかのスケジュールも、
組むことができました。

そして、今回の旅で一番重要ポイントに考えていることは何か?
「水曜どうでしょう」でもありましたよね~
ヨーロッパ第二弾の旅で、藤村Dが先に宿を確保しようと言ってるにも関わらず、
大泉さんと嬉野Dが「早く飯が食いたい」と食事することを優先して、
結局、野宿するはめになったってこと。
私の車の目印にもした「ここをキャンプ地とする」の名言が生まれました。

そう、「いかに寝床を確保するか?」です。

なので、1日行程の最後、どこに辿り着くかはある程度予測して、
その近辺で眠る場所の確保は、既にもう全行程で予定済なんですよ。

そうして組み上がったスケジュール表を確認すると、その寝床は、
7割が道の駅、2割がホテル・旅館での宿泊、1割がコインパーキング・その他です。

日本一周旅にて「道の駅」車中泊での3つのポイント

道の駅での車中泊が大半を占めるんですよね。
私は非常に車中泊しやすいステップワゴンって車に乗っていますから、
まあ、ここ10年間の旅でも、この道の駅での車中泊も100泊近くは経験済み。

なので、なんら心配はしていないのですが、
ここで、私が気をつけている、3つのポイントを挙げてみたいと思います。

1, 停まっている車を見極める
日本一周旅にて「道の駅」車中泊での3つのポイント

まず到着すると、駐車場に停まっている車がどの位置にあるかを確認。
それは、買い物・トイレでほんの一時休憩で立ち寄ったのか、
それとも、ここで1泊車中泊をするために停まっているのか、
それを見極めます。
まあ、それはすぐに分かりますよ、
車中泊であちこち回っている車は、窓を必ずすぐ目隠しできるようにしてます。

そして、必ず、そういう車から小さい道の駅なら1スペース、
広ければ2スペース空けて、そこに自分の車を停めます。

これはなぜかと申しますと、防犯上の注意ですね。
ちょっと寂れた道の駅で、平日ともなると、
夜中、自分の車だけポツンって状態になることもあるんですよね。
ここで強盗に襲われでもしたら助けを呼べない。
なので同じように車中泊している車が近くにあれば、
相互で安心感が生まれるんですよ。
それに翌朝とかあいさつした時に、情報交換もできますし(^^)

2, トイレ近くは避ける
日本一周旅にて「道の駅」車中泊での3つのポイント

ただそうして、ここがええなって思っても、
トイレの近くには停めることはありません。
道の駅って、夜中、結構ひっきりなしにトイレ休憩で立ち寄る車が多いんですよ。
そういう車のエンジン音、ドアを開け閉めする音って、
夜中、目を覚ましてしまうきっかけになってしまうんですよね。
そしてそういう車は必ず、トイレからすぐ近くの場所に停めます。

次の日、寝不足運転にならないためにも、物音が立ってる近くは避けるべきです。
なので、国道沿いの道の駅でしたら、道路側ってのもそうですね。

3, 駐車場の傾斜角を見極める。
日本一周旅にて「道の駅」車中泊での3つのポイント

駐車場って大概、どこも平坦やんって思われるかもしれません。
しかしそうではないんですよ、微妙に傾斜がついてる場所もあります。
私は車中泊する寝床は、車のリア側が頭になるようにして寝ます。
ここで、必ず、頭が傾斜角の上になるようにして車を停めます。
まあ、皆さん普通に考えたら、分かりますね。
足側が上がった状態で寝るよりも、頭側が上がった状態で寝る方が、
人間の体って楽になるようにできてます。
普通に一時的に停めるなら全く気にならない傾斜角でも、
いざ寝転んでみると、よくわかるんですよ。

このように、道の駅で車中泊をするときは、
どこへ車を停めてもええってわけではありません。
いかに、安全に快適に眠りにつけるのかってことを考えることが重要です。

以上、道の駅車中泊で車を停める際の3ポイントでした(^^)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

ランキングに参加しました(^^)
日本一周車中泊旅で、たくさんのよき旅仲間に出会えますように♪

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


日本一周 ブログランキングへ