住む家も職も失った40半ばのおっさんの日本一周旅・・・終幕しました♪


温泉宿予約

前回、冬場の車中泊について記事にいたしました。
http://nihontabi123.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

今回は引き続き、夏場について話したいと思います。

前回の記事で書きましたとおり、
人間誰でも個人差があり、暑さ、寒さ、いずれに耐性があるのか、
それによって、車中泊の時期と方法も変わるとお話しました。

私は、前回記事のとおり、夏の暑さに非常に弱いです。

実際の夏場車中泊の経験からお話いたします。
7月20日~8月20日くらいの1ヶ月間が、1年で一番暑い期間ですよね。
まず、この期間では車中泊の経験はありません。
私の暑さへの耐性弱さから、最初からムリだと判断しています。

冬場と夏場の車中泊について考えてみる

しかし、この時期から少しはずれますが、7月10日までと、8月25日以降、
それぞれでは、北海道での車中泊経験はあります。

2005年の北海道旅記事は以下で。
http://nihonmeguri.ojaru.jp/2005hokkaido.html

2011年の北海道旅記事は以下で。
http://nihonmeguri.ojaru.jp/2011hokkaido.html

この経験からすると、北海道でも道東(釧路や根室)に行けば、
真夏の時分でも、大丈夫な気がします。
お昼間は気温が上昇しても、夜は結構心地いい温度に下がりますよね。
ただ、小樽近辺は7月10日あたりでも夜、
完全に車内温度は25度超えて、ダメでした。

そして冬は、まだ着込んで、防寒対策をすれば、
誰でもなんとかなるとこありますが、
夏はそういうわけにいかず、窓を開けるぐらいしか対策ができません。
そして、窓を開けるということは、防犯上もよくないし、
嫌いなやつが飛び込んでも来ます、「蚊」ですね。

O型、汗かき、酒飲みと、蚊が好む3拍子を持っている私は、
誰よりも先に、蚊に好まれるんですよ。
なので、窓を少しでも開けたままにして寝るなんて、絶対考えられないんです。
ちょっと換気で開けたとしても、すぐに閉めて、
必ずプッシュ型のノーマット蚊撃退薬を散布します。

通常考えられる対策とすれば、できるだけ夜の気温が低いところに向かう・・・
上記のような北海道の地区、もしくは1500m級の高地ですね。
あとは自作の網戸でも作るかですが、防犯上これは私は危険だと思っています。
私のように暑さに弱い人間は、夏は家の中、室内から出ない。
そう、車中泊での旅なんて出ないようにするしかありません。

なので私は、夏場は動かない策をとる形で、今は考えていますね。
この期間は、ムリせず、お休みいただく形になると思います。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

ランキングに参加しました(^^)
日本一周車中泊旅で、たくさんのよき旅仲間に出会えますように♪

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


日本一周 ブログランキングへ